会長 山田和昭

クラブ会長の年度計画及び目標の重点

2024−2025年度 会長 山田 和昭

国際ロータリー(RI)会長のステファニー A.アーチック女史は、2024-2025年会長テーマ「ロータリーのマジック」(The Magic of Rotary)を発表し、多くの人びとを救うロータリーの力を認 識してこれをさらに広げるよう呼びかけました。女史がドミニカ共和国で浄水器の設置活動に携わったとき、汚い水がフィルターに入り、反対側から透明な水が出てくるのを、二人の少年が魔法のように見ていました。「安全な水を簡単に入手できれば自分たちの人生が変わるということ を、少年たちは知っていました。私が少しでもその力になれたと知ったことで、私の人生も変わったのです」と語っています。また、国際ロータリー第2600地区 2024-2025年 白鳥敬日瑚(しらとりのりひこ)ガバナー
は、「ロータリーは、あなたと私が出会うところ。そして、次の世代に何をわたせるか、共に考 え行動しましょう!」を地区標語に掲げ、最優先課題の「会員増強」と共に「次世代を担う小学生への奉仕」を運営方針に掲げています。
 当クラブでは近年会員の皆様の熱意ある行動により、多くの若い新入会員を迎えることができました。創立40周年を経た今、真木茂雄初代会長が提唱された「誠実にして、明るく楽しいクラブ運営」を行いつつ、次世代を担う若い世代へのアプローチをしていきましょう。地区大会はもとより、当クラブが主幹となる IM・会員セミナーを通して、ロータリーを学び、さまざまな課題に向かっていきたいと思います。
・例会の充実をはかり出席率の向上を目指す
・さらなる会員増強により同じ目標を持った仲間を増やす
・ポリオ根絶に向けた活動を身近な人から輪を広げる
・次世代へのアプローチを進める 小学生から
 私たちロータリアンには夢があります。「ロータリーのマジック」を体験しましょう。