2022-2023年度 会長 内藤武彦

クラブ会長の年度計画及び目標の重点

2022-2023年度 会長 内 藤 武 彦

2022-2023年度、初のR1女性会長ジェニファー・ジョーンズ氏はR1テーマとして イマジン ロータリー『大きな夢をかなえたロータリーを想像して』でございます。特に「多様性・公平さ・インクルージョン」の理解と重要性を求めています。

 R1会長のテーマを受けて、国際ロータリー第2600地区の上沢広光ガバナーは『ロータリーはみんなを幸福にする』を地区の方針としました。要旨は別紙面メッセージを参照願います。

 本年度のクラブ会長として一つテーマを上げさせて頂きますと『長野北ロータリーには魅力ある人ばかり』です。北ロータリーの会員は全員が人間性・経験・能力・趣味等、魅力ある人ばかりです。もっと交流して発見して下さい。必ず得るものがあり「長野北ロータリーに入って良かった」となると思います。また、R1理事会は2023年までに女性会員を30%にするという目標を定め、現在110カ国以上で達成されています。第2600地区も現在8%であり、長野北ロータリーとして会員増強も含め今後の大きな課題として認識しなければなりません。

 長野北ロータリーは次年度が大きな節目となります創立40周年を迎えます。新型コロナの今後の推移は予断を許しませんが、万全の準備を進めるとともに例会、ロータリー活動を盛り上げて参りたいと思います。諸先輩が築き上げられましたメンバー全員が平等で「誠実にして明るく楽しいクラブづくり」の伝統を尊重し、皆様と益々親睦を深め豊かな人生を共有させて頂けますよう、どうか皆様の絶大なご指導、ご協力お願い致します。